contents

フランス(その1)

少し時間が取れそうなので、フライト時間は気にせず遠いところを探した結果、二度目の海外旅行はフランスに決定。
エアーフランス



エジプトという線も出たのだが、政情不安のためパス。エジプト自体はもちろん行ってみたいが、リスクはなるべく少なくしたいですからね。出発は、奥さんの育児休暇の終わり頃を見計らってだ。しかもお子様は、親元に預けてなんです。(両親失格?...。)


到着初日、お迎えのガイドさんに、メトロ(地下鉄)は便利だけれど、夜は物騒だからやめといたほうが...といわれる。それで、タクシーが安いので、遅くなったらタクシーを使うようにいわれた。いわれたとおり、遅くなったらタクシーを使ったので、実際のところはわからないが、昼とか朝乗った時の雰囲気だけでも、夜はやめとこうという雰囲気があります。明るいうちに一度利用してみましょう。(私が田舎ものだから、という説もありますので)
今回の旅行は、借り物のヘアドライヤーを壊すものの、その他は順調。今回は機内に忘れ物なし。
壊した奥さんは、帰国後修理費と新品価格が100円しか違わないため、同じ物を内緒で返してました。
そして、初日はホテルへの移動で過ぎていった。
フランス2日目は、ディズニーランドパークだ。
とりあえず奥さんのディズニー制覇ということで、ロス、東京、フロリダ、に続いてパリである。(次は2005末か2006年開業の香港?)
ホテル最寄の地下鉄7番線からA4号線に乗り換え終点まで、終点がディズニーディズニーランドリゾートパリのために作られただけあって、町並みが寂れていく代わりに、だんだんと増えていく目的地を同じくするお客さんと到着を待つ。
付いてみると、目前がディズニー。(というよりパークやホテル、ショップエリアの真ん中)
早速1DAYPASSを29ユーロで購入して、園内へ。しかし、後でよく考えて見ると、るるぶでは38ユーロ。この差はOFFシーズンのため?それともディスカウント?
他のDisneyに比べて混んでいないとは聞いていたのだが、確かに込んではいない気もする。ただ、OFFシーズンともあいまって、朝には露店のたぐいがあいていない。まあそれも昼(12時)には解消したのだが、夕方も6時にはほとんど閉まってしまった。ちょっと露店の営業時間は短めなのかも。
お城
ユーロディズニーメインのお城ディズニーワールドと比べてね。


パレードやパークの内容は、自分自身がフロリダしかいっていないので、本家本元が基準になってしまい、比較すると劣る結果になるが、フランスまできても、一日くらいつぶす価値があるレベルだと思う。メインのお城はピンク色だし、オリジナルアトラクションもあるし、
抜けない剣
アトラクションではないがアーサー王物語のエクスカリバーもある


Disneyスタジオというオリジナルパークもあるからね。しかし、ディズニーワールドで一緒に踊ったジャスミンに比べて、フランスのジャスミンは、ちょっとふけ気味...。
アラジンとジャスミン
エキゾチックではなく魔女みたい...。


あと、Disney内での料理は期待するべくもないのだが、露店にしても何でもお菓子系が多いのに驚く。フロリダで食べた鶏肉はなかったよ。(^^;
ユーロディズニー



夜は併設されているディズニービレッジで食事をしてホテルへ。

フランス(その2)

3日目は、黄金のジャンヌ像のそばに集合。
ジャンヌ像
すぐそばにオプショナルツアーのデスクがある


午前中は日本語ばりばりのフランス人による市内観光。
市内観光では、有名どころでコンコルド広場
噴水



オベリスク
広場の中心にあるオベリスク。、エジプトのルクソール神殿に残された片割れにも会いに行きたい。


やダイアナ妃が最後に出発した超高級ホテルとかも回ったりして楽しめた。どこも建物が古くて素敵だ。
市内観光、半日なので基本的には車での見学。降りたのはエッフェル塔
エッフェル塔



とノートルダム寺院
大聖堂



雨どい
屋根に落ちた雨が建物を浸食しないための雨どい。


だけなのでなるべく早めに利用するべきです。初日に利用すれば雰囲気もフランスに染まりますしね。
そして、昼食はルルブにも出ていたスフレのお店、コースをたのみスフレ攻撃に遭ってしまう。前菜、メインディッシュ、デザートともにスフレ!ボリューム満点。量があるため、味が単調になってしまうメニューもあったのは残念。よって、スフレオンリーコースは、ちょっとお勧めできない。単品単品は、おいしいのは間違いないので単品で頼みましょう。雰囲気も○でした。
昼からも同じところに集合して今度はルーブル。
博物館



ピラミッド



ピラミッドの下
ピラミッドの下はこんな感じ


変な人
ルーブル美術館の外で見かけた変な人


モナリザも見れました、しかもカメラOK。たまにカメラ禁止になったりもするらしいので、ラッキーだったかもしれない。けどぶれぶれ。(^^;
モナリザ



しかしこのモナリザの前はすさまじい人だかり、すりにも注意しましょうね。
そして美術館をガイドしてくれたのは日本人、彼女は翌々日のモンサンミッシェルでもガイドをしていた。そう今回の旅行は、ミニバスのオプショナルを現地申し込みしたものが多いのです。
夜はホテル近所のごくごく普通のピザ屋(チェーン店では無い感じ)で食事。
雰囲気がフランスなので十二分においしい。

フランス(その3)

4日目は、お買い物。ルイビトン本店、
ルイビトン本店
建物の外観は宿泊したホテルのほうが上かもね


プランタン、ラファイエット
ラファイエット



と回る。
ルイビトンの本店は凱旋門もよく見える通り沿いにあるのだが、
凱旋門
開店前の空き時間に撮影


開店時間前には日本人観光客の行列が...。奥さんもその列に並んでしまった(^^;。まあ、自分もお上りさんよろしく、凱旋門とか町並みを撮影していんだから同じ穴のむじなかなーとも思うんだけど。
しかし、さすがに開店前に、行列(日本人ばかり...)まで作りたくはないです。ただ、開店直後に付くよりは、開店直後に入り込み店員さんを即捕まえて、相手をしたもらうというのは、理にかなってるととも感じた...。行列していたにもかかわらず、しばらくぶらぶらしていて店員を捕まえ損ねたため少し待つことになったのだ。だけど、行列はやっぱりいや。

昼食はプランタンのステンドグラスの見えるお店で、夜は松坂屋でもらったマップのLaRotisserieMonshignyのコースメニュー(日本語メニューあり)。エスカルゴをねらっていたのだが、コースメニューのチョイスには入っていなかったのが残念。
この旅行では、今ひとつ料理には恵まれていなかった。もちろんおいしいところを選んでいなかったせいもあるのだが、時間短縮を狙って朝はホテルの朝食にしたのがその印象を大きくしたかも。暖かいスープや卵料理すらなかったんですよ。(^^;
ゆで卵はあったけど、ゆで卵は料理とは認めたくないし。
交通の便はまあいいほうかなと思ったけど、それ以外は×でしたね。グレードの低いホテルを選んでおいて、言うべきことではないけれど。 
イビスホテル
セーフティボックスが部屋でなくフロントにある他は問題のないホテル。外観はそれなりに雰囲気があります。

フランス(その4)

5日目7時集合のモンサンミッシェルのツアーに参加。有名なオムレツもあり、昼食にも出るが味は今一つ。(^^;団体専用のレストランはやっぱりだめですね。
有名なオムレツというのは、オムレツに泡状のソースがのってる感じ何だけど、そのレストランのは本体、泡のソースともに、んーな感じ。
時間的なこともあり、元祖というか本家というか、寺院内でのオムレツは止めてしまったので比較はできないが、名物にうまいものなしというのはやっぱり真理なのかも?
寺院自体はさすが、世界遺産、感動的である。夕焼けのときまでいられれば、更なる感動が得られるはず!。この寺院というか島内にはホテルもあるので、ツアーでなくこれれば、そこにとまってみたかった。
モンサンミシェル




そして、ここでは趣味に走った買い物をしてしまった。パリ市内(ルーブルからもシティラマからも近いところ)でも見かけた中世のフィギュア(並んでいるのはすべて10cm以上はある。)である。市内ではチェスの駒を置き換えたものを見かけたのだが、ここでは、チェスの駒、円卓の騎士、ジャンヌダルク他いろいろあった。普通の戦士(チェスのポーン)の60ユーロ弱から馬上試合をするような様子の騎士が250ユーロ弱といったところでいろいろなのだが、騎士を買ってしまった。(^^;
しかし、今思えばもう一体買っておけばよかった...。
あとは、なぜか星の王子様グッズのそろったお店もあったので、子ども用に購入。このお店はこのお店で、趣味に走った品揃え。周りの品揃えからは浮いているお店でした。
お土産屋さん



夜もツアーで出してくれる料理なので、それなりにチープ。場所は戦争記念館なので仕方も無いけれど、こういうところでツアーの料金を落としているんだなとかんじてしまった。

フランス(その5)

6日目午前中はベルサイユ宮殿見学。
ベルサイユ宮殿地図



しかし市内観光、ルーブル美術館は観光案内が必要だと感じたし、モンサンミッシェルは現地への移動の自信が無かった (TGV使って自力で行きたかった...。)ので、仕方なかったけど、ベルサイユだけは時間に追われただけで、自力で行けばよかった感じ。
ベルサイユ宮殿の庭
ツアーだったのでほとんど見る間のなかった庭園側


そして、昼からはもう一度Disneyに行ったのだが、
ディズニーヴィレッジ



入り口で今日は6時閉園と告げられる。Disneyスタジオの前までいったのだが、閉園まで2時間(アメリカのイラク攻撃のためテロ警戒!)ということで入園を自主却下、もう一度ショッピングをして再び市内へ戻った。
そして、ルーブル美術館につながる地下街で、モンサンミッシェルで見かけたフィギュアのお店と同等の品揃えのお店を発見。しげしげと眺めようと近づいたのだが、平坦時間のため電気を落とされていく。しばらく見せてと交渉もできずあきらめたのだが、ウインドウショッピングに切り替えてみると、20ユーロほどモンサンミッシェルより高かったので、閉店してくれてよかったのかも、見せて-といって待ってもらって入っていたら買っただろうからなー。その後、ルーブル付近をうろついて食事。
帰り際には、デモ隊がアメリカ大使館を目指して終結してました。そう、ちょうどイラク攻撃が始まったんです。しかし、こんな自然発生的なデモって日本では想像できない。怖かったので避けるようにして、ホテルに戻りました。(^^;

最終日、フランスではスマートミニをよく見かけた。その辺のことをツアーの方に聞いてみると駐車料金の関係だそうだ。車体の大きさで料金も変わるのでスマートミニだと半額近くになるのだそうだ。
スマートミニ
あとは、空港で免税品の手続きを済ませて終了。
今回も新婚旅行に負けず劣らずの詰め込み型旅行だった。私も多少慣れてきたので、次回からはオプショナルツアーを考えないといけないなー。
最後に、何通か出した絵葉書の内、おこちゃま当てのものだけいつまでたってもやってきません。どこで迷子になっているのだろうか。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。