contents

世界遺産厳選 ペルー 二日目

朝早起きして6時にイカへ向け移動。
途中のレストランで紫トウモロコシジュースとルクマ のアイス

アイス

を食べる。冷たい朝食(コンチネンタル)しかとってなかったのでサンドイッチも追加注文。
長い移動の後、イカへ到着。日本での予約の段階で聞いた話しだと、原油高の影響でナスカ遊覧観光はイカ以外はストップという事で、日本人の団体さんも待ってました。

ここでガイドのクリスチアーノさんにDESERT BUGGIE TOURSを勧められる。
バギーに乗って砂漠を爆走するやつだ、面白そうなのでやってみました。

バギー

途中でサンドスキーというか砂山下りもさせてくれる。プライベートツアーという事で3回滑り降りました、

サンドサーフィン

これはおすすめですね。特に他に何もないイカでの時間つぶしには、もってこいではないかな?
車は、ところどころ丸太と鉄線で柵をしているところ(すでに倒れている)を通っちゃったりするのでもしかすると、何かしらの問題点はあるのかもしれませんが、イカの空港内に案内事務所もあるんだから、法的にはいいのでしょう。後で思ったんだけど、記念に砂持ち帰ればよかったです。海外旅行のお供のガムケースは、かばんの中にあったのに。

砂漠
この写真だけ見るとペルーに行ったとは誰も気が付いてくれないはず。

その後は、ナスカへフライト観光。到着順での乗り合わせで、私たちは93番だったけど、思ったよりはやめに順番が回ってきました。推測ですが、団体行動でないのが幸いして、早めに到着していた日本人グループの残りの座席に組み込まれたからっぽい、ラッキーである。

搭乗機

フライトは旋回しながら飛行するため反対側の窓は見る必要はない。このフライトでは右側の人がはじめにみて旋回左側の人に見せていました。左に座っていたので事前に準備が出来てよかったかも。
ここでは、サングラスは必須。イカの町を離れると一面むき出しの山肌って感じで、晴れていると全面真っ白に感じてしまいます。
で、ナスカに到着。現地に到着するまでは写真は撮りにくく、撮っていると飛行機酔いしやすいと聞いていたため、ビデオだけを回しっぱなしにするつもりだった。しかし飛行中のテストでまあまあの写真が取れたので、ワンハンドで画面確認なし、出来を期待せず写真もパチパチやってみましたが、

宇宙人

サル

ひよこ?

以外と成功。窓越しの関係でオートは怖かったため、設定は風景にしときました。
実は、このツアーは、現地滞空時間10分なそうな...短いですね。ただ、ナスカの地上絵というなじみのあるものだけに、直に目にすると感慨深いものがあります。

ミラドール

帰り際にメタルフィギュアの第三弾を購入。ディアブロ2のフェティッシュシャーマン似なものです。今までのフィギュアとスケール的にもあっているかも。
帰りは地球の歩き方をみながら食事。わたしの頼んだセビッチェ(海鮮サラダ)はすっぱすぎ、しかもあったかいと思って頼んだけど冷たかったのが悲しい。

セビッチェ

ホタテのチーズ焼はうまい。
夜食はホテルの向かいのカフェでケーキを購入。味はいまいちでした。
最終日の帰り際に、ホテルの周りを回ると繁華街の外れという好立地。もう少し歩けばもっといいお店もあったはず。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。